11SERVER

ZenlogicがEV SSL証明書を探してシリコンバレーへ行こうキャンペーンをスタート!!

 Zenlogicさんが面白いキャンペーンをスタートしています。その名も「 EV SSL証明書を探してシリコンバレーへ行こう」という名前のキャンペーンです。

EV SSL証明書を探してシリコンバレーへ行こうとは?

ゼンロジックのEV SSL証明書キャンペーン

 そもそも、SSLとはWebサイトの通信内容を暗号化して安全な通信を行うための技術。SSL証明書は、その暗号化通信に必要な証明書です。

 その証明書の中でも、EV SSL証明書は企業の実態がきっちり証明された運営がしっかりしていることの証明ともなります。このEV SSL証明書によって安全な通信ができること証明に、ブラウザのアドレスバー部分が緑色に表示される仕組みとなっています。

 今回のキャンペーンでは、そのアドレスバーが緑色になるEV SSL認証のWebサイトを探してツイッターやフェイスブックからURLを送ると、シリコンバレーのIT企業見学ツアーやシマンテックのセキュリティオペレーションセンターの見学ツアーが当たります。

 キャンペーンの詳細はこちら↓

ZenlogicのサーバーならSSL証明書が無料

  月額890円から使えるZenlogic(ゼンロジック)には、SSL証明書が無料で利用できるプランがあります。ディスク容量が300GBと一般的なサイト構成であれば十分な容量。

SSL証明書はSEOでも有利

 Googleがウェブマスター向けに発表しています。「SSLで通信される時のHTTPSを優先的にインデックス登録、シグナルとしても採用する。」2014年8月に発表されたとおり、2017年の現在では、企業サイトや通販サイトのほとんどがSSL通信で表示されるようになっています。

ビジネス用途であれば常時SSL化

 サイト全体を暗号化HTTPS化することを常時SSLと言います。ビジネス用途であれば、2017年10月現在で必須といっても良いほど普及しています。さらに前述のとおり、SEOでも有利な点があり、検索サイトへの上位表示やビジネス上の利点から見ても、常時SSL化させておくことは大変意義のあることです。

Zenlogicなら無料の独自SSLが標準で提供

SSL通信で安全な通信を

 レンタルサーバーの中でも、Zenlogicゼンロジックの890円で独自SSLが使えるプランは魅力です。無料で提供されているのは、シマンテックの標準独自SSLとLet’s Encrypt。さらに、高いレベルのEV認証も取得可能です。

Zenlogicの特徴や料金

 コントロールパネルからの操作が機能的で使いやすいと評判です。さらに月額890円で、初期費用や手数料が必要ありません。

ワードプレスも簡単インストール

 FTPソフトなど複雑なコマンドを入力しなくても、コントロールパネルからWordPressが簡単にインストールできます。マニュアルやFAQが充実しているので、引っ越しやデータベースのバージョンアップも気軽にできます。

サポートが充実

 電話、メール、フォームからの問い合わせが可能です。

 2週間の無料お試し期間があるので、気軽にスタートできます。

ページの上へ