11SERVER

スマホサイトの1ページ容量を300KBを目安にするとSEO効果大です

 スマートフォンでは、回線速度の込み具合で表示スピードがかなり違ってきます。外出先でWifiが使える場所だといいのですが、4G回線でも混みあってくる場所や時間帯では速度がかなり遅くなってしまうこともあります。

表示スピードが速い=SEO効果ではないのですが

SEOはコンテンツ重視が最重要です

 SEOの基本的なことは、コンテンツ重視です。見たい人の目的にあったコンテンツが作成されているかというのはとても重要な点です。検索キーワードと関連したコンテンツが上位表示されやすいわけですから、まずはコンテンツをしっかり作りこむことです。

 表示スピードが速くなる=SEO効果が直接出てくるわけではなく、ページの滞在時間や閲覧ページ数が増えていきます。もちろんサイト内リンクの貼り方やデザインも影響してくるのは間違いないのですが、基本的に表示スピードが速くなると、コンテンツをしっかり見てもらいやすくなります。

待ち時間の3秒ルール

ユーザーはページに表示に3秒以上待ちません

 Googleなどの検索結果で表示されたリンクをクリックして3秒以内に表示されないとほとんどの人は帰ってしまいます。クリックしたサイトが3秒表示されなかったら、実際見ずに帰ることが多いです。スマートフォンでの体感だと、もっと早い2秒未満ではないかと思います。

 表示スピードを意識することがとても重要です。

まずは画像の軽量化

画像の軽量化でかなりサイズ軽減できます

 Googleのスピードテストで、いろいろと指摘されてくる点があるのですが、表示スピードの点で一番大きいのは画像サイズです。高画質で大きなサイズの画像をまずやめてみる。アクセス解析でパソコンからの比率が多いサイトなら別ですが、レスポンシブデザインにしているサイトの80%のアクセスはスマートフォンからが多くなっています。

 サイズの大きくなるPNGからJPEGに変更する。アイコンをGIF化してサイズを小さくするなどの工夫で効果は非常におおきなものとなります。

 スマートフォンでの閲覧を意識して、JPEGの画像を小さくするだけでかなり効果がありました。

CSSの軽量化

 不要なデザインは排除して、徹底的にシンプルにしてみると、効果が大きくなります。見やすいことが一番で、CSSのサイズが大きなものだとその分読み込みにも表示に時間がかかってしまうことになります。

SSD対応のレンタルサーバーに乗り換える

高速SSDレンタルサーバーへの乗り換えが一番簡単です

 ワードプレスを使っているとどうしても表示が遅くなります。ワードプレスは編集や内部リンク対策が充実しているので大変便利なのですが、どうしても表示に時間がかかります。

 速くするためには、レンタルサーバーを高速なところに乗り換えるのが一番です。上記の画像対策やCSSよりもサーバーの乗り換えだけで十分な効果がでてくると期待できます。

 実際、ワードプレスのサイトを丸ごとSSD高速サーバーに移転したところ、1ユーザーあたりの閲覧ページ数が増えてきています。最近は価格の安いSSDレンタルサーバーが増えているので、乗り換えてみるといいかもしれません。

全体で300KBを意識

 読み込みのスピードを考えて、ページ上部のアイキャッチ画像や挿入画像を軽量化して300KBを目安に調節。効果はすぐに出てきました。まず、滞在時間が増えます。表示スピードが速くなると滞在時間が減っていくように思われますが、滞在時間そのものは増加。さらに1ユーザー当たりの閲覧ページ数が4ページから6ページへと増加しました。

検索結果への影響は7日目に

7日目に検索結果の順位が上昇しました

 検索結果に影響が出てきたのは、7日目から。1ページ目の下の8位や9位あたりをウロウロしていたのが、5位へ上昇。その後も、3位から5位の間でほぼ固定できています。おそらく一番簡単にできるSEO対策ではないかと思います。

 ページの表示速度を意識するだけで、大きく変わってきます。まずは簡単にできるレンタルサーバーの乗り換えが手っ取り早いのではないでしょうか。

【JETBOYレンタルサーバー】
月額290から使えるSSD高速レンタルサーバー

WordPressを使うなら無料から始められるXREA(エクスリア)
月額191円からのSSDレンタルサーバー

MixHost 月額480円からの高速SSDレンタルサーバー

WordPress専用高速サーバーなら Z.com WP ワードプレスに最適化された高速レンタルサーバー。月額400円~

wpXレンタルサーバー 月額500円からのワードプレス最適化レンタルサーバー