11SERVER

【画像あり】リトルサーバーのワードプレスに独自ドメインを設定

 リトルサーバーにインストールしたワードプレスに、取得した独自ドメインを設定します

 手順は以下のとおり。

  1. 独自ドメインの取得
  2. 独自ドメインにネームサーバーを設定
  3. リトルサーバーのドメイン設定
  4. 表示確認
  5. ワードプレスのドメイン設定

 順番に画像入りで解説していきます。

1.独自ドメインの取得

 独自ドメインは、ドメイン取得業者さんで取得できます。有名な「お名前.com 」「ムームードメイン 」のどちらかで取得しておけば、値段も安く更新料も安いのでおすすめです。

 .com .jp .net .work .tokyo など取得できるドメインにかなり種類がありますが、どれでも構いません。このサイトでは.netで取得していますが、ドメインでSEOに有利不利が出ることはありませんドメインの文字数や – (ハイフン)が含まれているなどもSEOに関係ありません。ドメイン取得時の注意事項で、この手の話を書いてある古いページがでてくるのですが、2017年に入ってからはまったく関係ありません。

 好きなドメイン名で設定して取得してOKです。長期的に運用していくのであれば、更新料の安い.tokyoや.workで十分です。参考:新規取得と更新料の安いドメインをまとめたページがこちらにあります。

 このSEOに関しては、ページに書いてある中身が最重要。次に被リンクです。3番目に表示スピード。複数のサイトやブログを運用している結果です。SEOの話は長くなってしまうので別ページでも書いていく予定です。

2.独自ドメインにネームサーバーを設定

 取得した独自ドメインの業者さんにリトルサーバーの「ネームサーバー」を設定します

 独自ドメイン → リトルサーバー へ送る道順の設定になります。

 ここでは、ドメイン取得できる業者さんの2社、お名前.comとムームードメインの手順を解説。

お名前.comの場合

お名前.comのネームサーバーをリトルサーバーに変更します

 ログインして、操作画面のタブ「ドメイン一覧」から、取得したドメイン名の「ネームサーバー」を選択。

  他社のネームサーバーへ変更します

 「他のネームサーバー」を利用を選択。

リトルサーバーのネームサーバーはlsv.jpです

 プライマリとセカンダリにそれぞれ以下を入力。コピペでOKです。

ns1.lsv.jp
ns2.lsv.jp

 確認画面→「設定する」で完了。

ムームードメインの場合

ムームードメインのネームサーバーを変更

 ログインしたコントロールパネルから設定するドメインを選択。

 「ネームサーバー設定変更」から「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」を選択。

リトルサーバーのネームサーバーを入力します

ネームサーバー1と2に以下を入力。コピペでOk

ns1.lsv.jp
ns2.lsv.jp

ネームサーバー設定変更」で完了。

3.リトルサーバー側のドメイン設定

リトルサーバーのドメイン設定

 ドメイン業者さんの設定が終わったら、リトルサーバーにログインしてコントロールパネルから、リトルサーバー側の表示するワードプレスのフォルダを設定する手順です。

 「ドメイン設定」からドメイン欄に取得したドメインの〇〇〇.netなど表示させるドメインを入力します。http://やhttps://は必要ありません。ここでは、11server.net を例として入力しています。

 パスには、表示させたいフォルダ(ディレクトリ)を入力します。ここでは例として、ワードプレスをインストールした「wordpress」をそのまま入力しています。

 「ドメインを追加する」で登録済みドメインに追加されれば設定は完了。

 ネームサーバーの設定に時間がかかります。反映されるまでの時間は、早ければ1時間以内ですが、ほとんどの場合24時間以内の設定完了となります。xyzやworkは設定に48時間程度かかることもありますので、待つしかありません。

4.表示確認

リトルサーバーで独自ドメインの設定が完了

 設定が反映されて、スマートフォンやパソコンで表示確認。URLを入力して表示されていればOK

 このURLの確認ができて、きっちりワードプレスの編集画面にもログインできるかの確認もお忘れなく。

5.ワードプレスのドメイン設定

ワードプレスに独自ドメイン設定

 最後に、ワードプレスのドメイン設定を行います。ワードプレスの「ダッシュボード」から「設定」→「一般設定」でWordPressアドレスとサイトアドレスのURLを変更します。

 ここでは、例としてhttp://11server.net/を入力しています。

 サイトのタイトルや簡単な説明もこのページで設定できます。

 以上がリトルサーバーの独自ドメインの設定手順です。ワードプレスで実際に表示確認して操作完了です。ドメイン業者さんとリトルサーバー側の操作自体は5分もあれば終わります。

 反映に多少時間がかかりますので、その点はあらかじめご理解ください。

 ここまでご覧いただいた方に、ついでに設定しておく重要な項目があります。wwwありとwwwなしについて。すでに設定された方には関係ない話になりますが、今回の設定は独自ドメインのwwwなしの部分です。

 試しにwww.〇〇〇.〇〇 で表示させてみると、このサイトにアクセスできません の表示が出ていませんか?

もし出ていればSEO面では大変なマイナスとなります。ついでにこちらのページでの設定wwwありなしの統一設定をおすすめします。

ページの上へ